スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX ドルの上値が重い

本日のFX!

みなさんこんばんは。

昨日は、ショックな出来事がありFX奮闘記をお休みしていました。

まだ、本日も尾を引いていますが、頑張っていきたいと思います。

さて、FX市場は相変わらずドルの上値が重たい状況が続いています。

先ほどは米経済のインフレ指数が比較的安定しているとの発表でユーロ/米ドルの至上最高値を更新!

なんと1.4200を突破しました

誰が、1年前にこの数値までユーロが上昇すると予想出来たでしょうか。

私も比較的、楽観的に年内にはユーロは下げ始めると想定していましたが、現在の米経済の弱い指標や金利引き下げ、そしてユーロ圏の経済の安定及びインフレ率の上昇が顕著に現れています。

当面はこの状態が続くと思われますので、ユーロの上昇は避けて通れないと思います。

しかし、行過ぎた為替上昇は世界経済のいたるところに波及しますので、何か大きな力が働き、上値を抑えられる可能性も否めません。

今後とも、ユーロの動きには注意を払う必要があります。

さて、本日のkiikですが、現在、米ドルを保有していますが、なんとなく売りぬきたいと思い始めています。

そして、また様子を伺いながら、豪ドルやNZドル、ランドに買いを入れたいと思っています。

買う時期は今日に限らず、来週にでも様子を見ながら決めたいと思っています。

今日買うかもしれませんが・・・。

みなさんも、有意義なFX投資をしてくださいね。

あまり気分が晴れないので、本日はこの辺で。

明日は子供の運動会なので天気はますように

GOOD NIGHT!

スポンサーサイト

テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX 円安進行で

本日のFX!

FXファンのみなさんこんばんは。 kiik です。

朝から全体的に円安傾向が強く、米ドル円、クロス円が上昇していました。

先日、買いを入れた豪ドルと米ドルですが、本日、豪ドルが約定利確されました。

予想以上の急激な上昇に、ちょっとビックリでした。

現在は、101円も突破してしまいました。

先日の下げはなんだったのだろう?

という感じの上昇ぶりです。

米ドルについては、本来の私のスタイルというか投資法だと、とっくに利確しているはずなのですが、今回は上昇幅が大きいと見込んでいますので、ちょっと高めに売りを入れているため、現段階では約定していません。

明日以降に持ち越しだと思われます。

相変わらずユーロ/米ドルが市場最高値付近の1.41台で推移。

一時は1.4160まで上昇していました。

本日はサウジアラビアの中央銀行が、ドルペッグ制の解除について言及するとの発表があり、これがもし解除されるような事があると、ドル売りが加速する要因になりそうだったのですが、簡単には解除できるものではなく、今回は見送られたようです。

ちなみにドルペッグ制とは

自国の貨幣相場をドルと連動させるもので、多くの国がドルと連動させるため、この語が生まれました。デメリットとしては、アメリカの金利政策の影響を多大に受ける事になります。

そのため、ドルは比較的安心要因で上昇に向かい、他のクロス円にまで波及したと思われます。

本日のkiikですが、豪ドルが利確しましたので、再度、低めでの買いを検討しています。

ただ、現状のレートでは上がり過ぎの状況ですので、少しだけ様子を見てから、再度買いを入れたいと思います。

あとは、米ドルがゆっくり上昇するのを待ちたいと思います。

それでは本日はこの辺で、GOOD NIGHT!



テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX 参入完了!

本日のFX!

FX愛好家のみなさんこんばんは。

本日は朝方からドル円、クロス円が円高に向かって突っ走っていましたね。

ここのところのFX市場はちょっと安定していましたので、心配された方もいたかもしれません。

私は、先日掲載したとおり、豪ドルと米ドルに参入しました。

購入単価と、金額はご想像にお任せします。

低めで設定したところ以上に、下がってくれたおかげで、買いが成立していました。

追加で購入しようと思った時には、買値より両方とも上がってしまっていたので、あきらめました。

再度、現在の買値より低い位置で待ち伏せしておこうと思っています。

さて、最近はユーロ高、ドル安、ポンド安、が続いてますが、ここのところ、あまり大きな変化がなく、経済指標等も重要なものが少なく、この形成はしばらく続きそうです。

ポンドについては、英インデペンデント紙が報道したニュースをさらに織り込んで、ポンド売りを進めるかどうかに注目が集まっています。

一時のポンドからすると8月につけた250円程度から実に20円ほど下がっています。

変動の激しいポンドですので、あまり凄い!という下げに感じないかもしれませんが、20円の下げは結構ロングの方には厳しいはずです。

ユーロが現在161-162円程度。

現在、上がり続けていますが、ここ数年で物凄い上げ方をしています。

『あがり続ける・・・はない』というのが自論のkiikですので、いつポンドと同じような下げに転じるか・・・、ちょっと想像すると怖いです。

2000年には100円以下だった事もありますから聯

みなさんも、くれぐれも注意して取引されてください。

本日のkiikですが、現状、参入済みですし、さらに下がれば買い増しポジションというところです。

しかし、まだまだFX市場は荒れた展開が続きそうですので、無理をせず穏やかな取引を心掛けたいと思っています。

それでは本日はこの辺で、GOOD NIGHT!



テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX 今週の相場

本日のFX!

みなさんこんにちは。

日中に記載するのも久ぶりです。

先週は、上下に適度に荒れたFX市場でした。

日本では、新総裁の福田氏が就任し今後どのような手腕をみせるのか楽しみです。

株式市場は相変わらずの停滞が続いていて、新興市場にはあまり買いが入らず、日経225銘柄にも買いがあまり入りません。

今日は、日本が振替休日ということもあり、東京市場は比較的変動が少ないですが、夕方から始まる欧米市場でどのような動きになるのか、注目です。

さて、本日のkiikですが、まだまだ変動が激しい市場がしばらく続きそうですので、大きな取引はできませんが、少しづつ利益をだしていきたいと思います。

まずは、先日からの現状お勧めの通貨である、豪ドルを99.5より低い位置で待ち伏せ。

そして、現状もっとも弱い米ドルも115より低い位置で待ち伏せしたいと思います。

あくまでも、私の趣旨であるみなさんの売買に大きな影響を与えないよう、具体的な数値は記載しません事おゆるし下さい。

でもなんとなくは分かりそうですが、そこは想像の範囲でお願いします^^

もしかすると、凄い低い数値で指値を入れているかもしれませんし、記載した金額から指値を入れてるかもしれません。

その辺は、あしからず。

さて今週も始まりましたので、みなさん頑張っていきましょう!

テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX 止まらぬユーロ高

本日のFX!

みなさんこんばんは。 kiikです。

FX市場は凄い事になってきましたね。

米ドルの位置が変化し始めています。

なんと、対円で加ドルと位置が逆転し、対ユーロでは至上最高値の1.41を突破してしまいました。

米利下げとサブプライム問題による米国不信によるものが大きいと思います。

それと、メディアが騒ぎ過ぎて、為替に参入している個人投資家が増大してきた事による影響も大だと思います。

個人投資家はメディアに影響されやすいので。

それだけ、個人投資家がFX市場にも影響を及ぼす規模になってきた事を示していると考えられます。

今回のユーロ高についてECBトリシェ総裁は、『ECBの政策について特に変更はない』とのコメントを残していることから、今後もインフレ懸念の残る欧州経済に対して利上げをしていく事を示唆していました。

今後、さらなるユーロ高が当面は続くものと思われます。

昨日114円まで下げた米ドルも、本日は115円台まで値を戻してはいますが、ユーロがそれ以上の上昇をみせていますので、頭を抑えられている状態が続いています。

本日のkiikですが、昨日114円台で参入し本日は利確できましたが、再度115円程度から下で参入したいと考えています。

今はあまり大きな取引はできないので、こまめに小さく取引を仕掛けて行きたいと思います。

まだまだ落ち着かないFX市場です。

米ドルが1日で2円以上も下げる事は年間を通して、そうない事ですので、落ち着いていないと判断しています。

みなさんも、くれぐれも注意して取引してくださいね。

本日はこの辺で、GOOD NIGHT!

テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX 米安ユーロ高始まる

本日のFX!

みなさんこんばんは。

ユーロが来ましたね、というより、米が政策金利を引き下げた事による、当然の結果ですね。

昨日のブログにも記載しましたが、一時的な経済の安定思惑でドル高になりましたが、ユーロ>ドルの金利差がもうすぐやってくる事と、当面の経済の強さが反映されてユーロが対ドルで上昇すると思ったからです。

まさか、昨日の予測が翌日から実現しようとは、ちょっと早すぎる感もありましたが、遅かれ早かれこの構成は予想できました。

それにしても、ユーロ/ドルが1.40を超えるとはビックリ聯です。

先ほど画面をところ、1.4085まで上昇していました。

もう少し早くユーロは下げに転じると思っていたので正直がっかりです。

年内はユーロ高が続きそうです。

その後は、米サブプライムが徐々に回復して、再度金利が上昇してくれば、ユーロ経済との入れ替えで、ユーロ/ドルが↓に向かっていくと思っています。

サブプライム以外では、米経済は特に不安要素はありませんし、むしろ他の国よりも、失業率等も低いですし、経済も安定していますので今後の上昇に期待したいと思います。

さて、本日のkiikですが、ちょっと急激なドルの下落で予想通りの展開になってきましたので、現在の位置よりもう少しだけ低い位置で買いを入れておきたいとおもいます。

今回は、豪と米、NZそしてランドの中から信頼できそうなものをチョイスして2通貨程度で参入しようと考えています。

まだ、市場が不安定ですので、くれぐれも無理の投資は避けてくださいね。

投資される方は必ず、ヘッジ、ストップロス等を利用しながら、最低限のリスク管理はしていただきたいと思います。

それでは本日はこの辺で、GOOD NIGHT!

テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX 米政策金利の行方Part2

本日のFX!

みなさんこんばんは。

今朝のFOMC政策金利はほぼ予想通りの0.5ポイントマイナスでした。

0.25ではなく0.5ポイント下げた事で貸し出し金利も下がり、企業、個人も返済が楽になり経済も安定するという市場の思惑で株式市場も上昇、FX相場もドル円、クロス円全般で一揆に円安に向かいました。

ただ、この政策金利の余韻は一時的なものだと思われますので、いずれ上昇に対する利益確定売りと、まだ完全に把握できていないサブプライム問題が根強く残り、急激な上昇に歯止めをかけると思われます。

また、完全に市場が落ち着きを取戻しているとは思えませんので、株式市場の動向次第で、乱降下する事も想定できます。

もう少し落ち着きを取戻すまでには時間がかかりそうです。

現在利益を出されている方はどこで見切りを付けるか、またいずれ向かう上昇を念頭において保持するか判断に迷うところだと思いますが、一旦どこかで利益確定されても良いと思います。

必ず上下しますので。

これは私個人的な意見ですので、あしからず。

売ったとたんに、急激な上昇をして『あいつの性だ!』なんて言わないでくださいね^^;

私ならそろそろ、と思っているだけですので。

さて、日銀も今回の利上げは見送る方向性だと思われますが、今回の米利下げによって、近い将来ユーロが必ず金利引き上げをするでしょう。

そうなると、ユーロのさらなる上昇が発生する可能性が高くなります。

次回で打ち止め、というなら下落する可能性もありますが、現段階ではあと2回程度の利上げを近い将来しそうですので、米金利と逆転し全ての通貨に対して年内は強いユーロを誇示する可能性がでてきました。

ただ、以前から伝えている通り、ユーロはポンドについで変動が激しいですので、取引をされる方は十分に注意してくださいね。

本日のkiikですが、政策金利後の上昇が急で参入できなかったので、落ち着くまでもう少し様子見したいと思います。

それでは本日はこの辺で、GOOD NIGHT!


テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX FOMC政策金利の行方は

本日のFX!

みなさんこんばんは。  夜中の2時です(;;)

まもなくFOMCの政策金利が発表されますね。

恐らく、0.25ポイントの利下げかと思われますが、金利の動向の前に、米ではリーマンの決算発表が良好で株価が上昇!

それにつられて、FX市場は円安に向かいました。

まるで、今夜の政策金利発表など、誰も気にしていないかのごとくの上昇でした。

このまま寝ずに政策金利を確認していたのでは、最近の寝不足(先週からの10日間で約30時間程度しか寝ていません)で明日がつらいので、そろそろ就寝しようと思います。

kiikは、明日の動向次第でまた近々参入します。

それでは今晩はこの辺で、GOOD NIGHT!


テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX 今日はFX市場が

本日のFX!

みなさんこんばんは。

ここのところ忙しく、この3連休は遊びにもいけず野暮用三昧(;;)

FX市場が動いているとも知らず、夕方気が付き慌てて確認しました。

別に、現在参入している訳ではないので慌てる必要はないのですが、つい癖で、現在値を把握していないと、なんか落ちつかないkiikです^^;

さて、明日はいよいよFOMCの政策金利の発表ですが、市場予想は0.25~0.50の利下げを予想しています。

FX市場が利下げを織り込み済みですので、それほど大きな変動にはならないと思いますが、それでも一時的には下がると思っています。

現在の米経済は、先日報道された住宅バブル崩壊で、サブプライムの再燃かと思いましたが、それほど以前にくらべ反応はなく、グリーンスパン元議長の『高インフレ警戒』発言もあった事から、以前、高水準の米経済推移が見込めると想定できます。

よって、利下げ後のUSDの下落があれば、様子をみて参入するのも良いかなと考えています。

現状では、豪が一番安定していますので、取引するのであれば、1豪、2米、3ランド、4NZ の順だと思います。

ただ、豪は米に比べると変動が激しいので、注意が必要です。

ユーロはどう?と聞かれる事がありますが、ユーロはあまり取引をされていない、初心者の方にはお勧めしていません。

理由として、

1、他の通貨に比べて変動が激しい(ポンドは別格)

2、通貨が米ドル等に比べ高いので、通貨をあまり買えない

3、現時点ではまだ当分は大丈夫だと思いますが、かなり経済が頂点  に来ている(下落がいつ始まるか・・・)

特に、1の『変動が激しい』ですが、変動が激しい分、利幅が取れるのですが、きちんとリスク管理ができないと、先日の円高などの時にもそうですが、最高値から実に20円近い下げになりましたので、

計算してみると・・・

20円の下落というのは単純に1万通貨の購入で、20万の損、もし10万ユーロ購入していたら200万の損になります。

先日の円高でリスク管理ができてない方が、かなり大損したと聞いています。

FX市場からかなりの人数が去っていったとか・・・(本当かどうか)

大儲けしたいと考えるのはみんな同じですが、きちんとしたリスク管理こそ、利益を上げる大前提だという事を認識して取引してくださいね。

本日のkiikですが、上記の通り明日のFOMC発表後の動向をみてエントリーするかどうか決めたいと思います。

それでは本日はここ辺で、GOOD NIGHT!




テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX 先週の状況と今週の予測

FX 先週の状況と今週の予測

みなさんこんばんは。

最近ちょっと忙しくてFX日記をなかなかアップする時間が無く、1日置きになったり、夜中のアップになりすみませんm(__)m

なるべく早い時間にアップしたいのですが・・・。

先週は為替市場及び株式市場が若干落ち着きを取戻し、先週下げた位置からほぼ戻してきました。

私も約1ヶ月ぶりの参入後、5日程度保有して利益を得る事ができました(^^)V

まだ、完全に為替市場も株式市場も立ち直りを見せているとは思えませんので、様子見状態でしたが、少額ながら利益がでて、大満足でした。

その後はまた様子見状態で、現状、保有通貨はありません。


先週のECB月報では

金融政策は依然緩和的、

経済のファンダメンタルは良好で先行き見通しも好ましい、

中期的なインフレ見通しには上方リスクがある、

など、ユーロ経済の安定した報告がありました。

また独IFWはECBが12月に政策金利を4.25%に引き上げると予想しました。

上記のような報告などや思惑で最近の弱い経済指標やドルの利下げへの思惑により、ユーロ/ドルは史上最高値を更新して1.3926まで上昇しました。

そして、ユーロの堅調は対円にも波及しクロス円はほぼ上昇していました。

米ドルは全体的に他の通貨に対して弱い上昇でしたが、米CP発行残の減少幅が週間ベースで大きく縮小し、米新規失業保険申請件数が31.9万件と、市場予想より失業保険申請件数が少ないという好結果に木曜の欧州時間進行していた円売りが更に加速し、115円4台まで上昇しました。

15日に、今マーケットを揺るがせている元凶の1つ、米国のサブプライム住宅ローン(信用度が低い借り手用の融資)について報道がありました。

カリフォルニア州などで住宅バブルがはじけたのがきっかけで、ローン返済が滞り、全米で競売にかけられた住宅数は7月だけでなんと約18万軒もあったそうです。

年末までには『100万軒』が差し押さえられるとの事。

上記の報道がサブプライム問題の現在の状況を表しています。

サブプライムは世界中で当然のようにありますし、金利が高い国では必ずあると私個人的には思っていますので、何をそんなに騒いでいるのか、と思っていましたが、現状を聞いて『なるほど!』と納得してしまいました。

ほとんどの方が、バブルによる住宅価格の上昇により、投資目的で不動産を購入。

価格が上昇し続けると思い、借金をしてもう1物件を購入。

ところが、価格が止まり下げ始めると、売るに売れず、毎月の支払額は変動金利にしていたため、収入以上の支払額になってしまい『破綻』というケースも少なくないとか。

『バブルは続かない、上げ続ける株はない。』

全てに言える事ですが、永遠に続く事は何もありません。

みなさんも、気を付けていただければと思います。

さて、来週のFX動向ですが、

利下げがほぼ確実視されている米ドルが、上記のような報道もあり、18日は一旦大きな下げをみせてもおかしくない状況ではありますが、ある意味、ここで状況がある程度把握できたことで、しばらくすると、日米の金利差に着目した円キャリーが開始されそうな雰囲気も漂ってきました。

来週後半が楽しみです。みなさん頑張りましょうね。

それでは本日はこの辺で、GOOD NIGHT!

テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX 先週の状況と今週の予測

FX先週の状況と今週の予測

みなさんこんばんは。

最近ちょっと忙しくてFX日記をなかなかアップする時間が無く、1日置きになったり、夜中のアップになりすみませんm(__)m

なるべく早い時間にアップしたいのですが・・・。

先週は為替市場及び株式市場が若干落ち着きを取戻し、先週下げた位置からほぼ戻してきました。

私も約1ヶ月ぶりの参入後、5日程度保有して利益を得る事ができました(^^)V

まだ、完全に為替市場も株式市場も立ち直りを見せているとは思えませんので、様子見状態でしたが、少額ながら利益がでて、大満足でした。

その後はまた様子見状態で、現状、保有通貨はありません。


先週のECB月報では

金融政策は依然緩和的、

経済のファンダメンタルは良好で先行き見通しも好ましい、

中期的なインフレ見通しには上方リスクがある、

など、ユーロ経済の安定した報告がありました。

また独IFWは、ECBが12月に政策金利を4.25%に引き上げると予想しました。

上記のような報告などや思惑で最近の弱い経済指標やドルの利下げへの思惑により、ユーロ/ドルは史上最高値を更新して1.3926まで上昇しました。

そして、ユーロの堅調は対円にも波及しクロス円はほぼ上昇していました。

米ドルは全体的に他の通貨に対して弱い上昇でしたが、米CP発行残の減少幅が週間ベースで大きく縮小し、米新規失業保険申請件数が31.9万件と、市場予想より失業保険申請件数が少ないという好結果に木曜の欧州時間進行していた円売りが更に加速し、115円4台まで上昇しました。

15日に、今マーケットを揺るがせている元凶の1つ、米国のサブプライム住宅ローン(信用度が低い借り手用の融資)について報道がありました。

カリフォルニア州などで住宅バブルがはじけたのがきっかけで、ローン返済が滞り、全米で競売にかけられた住宅数は7月だけでなんと約18万軒もあったそうです。

年末までには『100万軒』が差し押さえられるとの事。

上記の報道がサブプライム問題の現在の状況を表しています。

サブプライムは世界中で当然のようにありますし、金利が高い国では必ずあると私個人的には思っていますので、何をそんなに騒いでいるのか、と思っていましたが、現状を聞いて『なるほど!』と納得してしまいました。

ほとんどの方が、バブルによる住宅価格の上昇により、投資目的で不動産を購入。

価格が上昇し続けると思い、借金をしてもう1物件を購入。

ところが、価格が止まり下げ始めると、売るに売れず、毎月の支払額は変動金利にしていたため、収入以上の支払額になってしまい『破綻』というケースも少なくないとか。

『バブルは続かない、上げ続ける株はない。』

全てに言える事ですが、永遠に続く事は何もありません。

みなさんも、気を付けていただければと思います。

さて、来週のFX動向ですが、

利下げがほぼ確実視されている米ドルが、上記のような報道もあり、18日は一旦大きな下げをみせてもおかしくない状況ではありますが、ある意味、ここで状況がある程度把握できたことで、しばらくすると、日米の金利差に着目した円キャリーが開始されそうな雰囲気も漂ってきました。

来週後半が楽しみです。みなさん頑張りましょうね。

それでは本日はこの辺で、GOOD NIGHT!

テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX 円安へ 私も久々の・・・

本日のFX!

みなさんこんばんは。

日付が変わってしまいました。

スミマセンm(__)m

新しいコミュニティサイトに登録していたらハマッテしまいまいた(^^)

いろいろあるんですね。

本当、勉強になります。

さて、本日はFXに動きがありました。

ずっと低迷していたUSDが一揆に115円台まで上昇しました。

米株式市場が上昇していることを受けて、投資家のリスク許容度が回復し、円を外貨投資へ向ける動きが活発になっているようです。

ここのところの円高の要因の1つであった、株式市場の低迷が反発した事が、参加者に安心感をもたらしたようです。

本日のkiikですが、ドルが回復したことで、先週金曜から保持していたJPY/USDが約定し、ほぼ1ヶ月ぶりの利益がでました。

まだ、不安定なFX市場動向に変わりはありませんので、大きく投資はできませんが、様子をみてクロス円に再度参入したいと思います。

今日は、もう遅いのでまた明日、GOOD NIGHT!



テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX ユーロ最高値

本日のFX!

みなさんこんばんは。

やっと秋らしい涼しい1日となりました。

昨日の米同時テロの追悼式の模様をみていましたが、日本からも数多くの遺族の方たちが、出向いていました。

二度とあのような残酷な出来事は起こって欲しくないと願うばかりです。

FX市場も何かぱっとしない1日でした。

しかしそんな中、ユーロだけが上を目ざし上昇を続けました。

なんと、EUR/USDの至上最高値を更新!1.3850を超え1.389の手前まで上昇。

1.39を視野にいれました。

また、キング英中銀総裁の発言で、英金利がこれ以上引き上げられないとの観測が市場で広がった事で対ポンドでも、約4ヶ月ぶりの高値を付けました。

本日は、安部首相が辞任発言があり、先行きの期待と不安が入り混じり東京市場も上下しましたが、それほど影響は受けなかったようです。

現在のFX市場は米経済の失速懸念、米金利引下げ懸念とクレジット懸念が円安を抑えつけている重要要因となっています。

この問題が解決するにはもう少しかかりそうです。

さて、本日のkiikですが、以前状況に変わりはありませんので、現状維持です。

もう少し、投資したいところですが、あまりにも市場不安が漂い過ぎですので、このまま様子見したいと思います。


PS、

最近、FX取引を有利に進めるためにFX取引ソフトが色々とでています。

ソフト自体は素晴らしいものもあると思うのですが、当然、あまり良くないものもあるようです。

ソフトの事については、あまり良く分からないので、ここではあまり語りませんが、最近、FXソフトのレンタル料を収入とする会員制ネットワークビジネス(ねずみ溝的な会員システム)があるそうです。

毎月のソフト利用料も結構高額だとか。

そのFXソフトが素晴らしいソフトで利用者に利益をもたらし、会員全員がハッピーになるのであれば問題ないかもしれませんが。

もしこれらの勧誘があった方は、会社概要(会社の経歴・資本金・社員数・BS/PL・主な業種など)やFXソフトの機能、運用実績、万が一のクーリングオフ期間など、いろいろ質問した方が良いと思います。

勧誘員の方達は、販売・勧誘のプロですので、一般の方達を欺くのは簡単ですし、その気にさせるのも簡単です。

全てのそういう会社が悪いとはいいませんが、是非とも、気をつけていただきたいと思います。

中には、本当に素晴らしいソフトもあると思いますので、ご自分の目で確かめて購入なりするのは良いと思います。

それでは本日はこの辺で、GOOD NIGHT!



テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX USDピンチ

本日のFX!

みなさんこんばんは。

9.11 今日は忘れもしない同時多発テロが起きた日です。

ツインタワーに旅客機が激突しあの高層ビルが崩れ落ちた、衝撃の日です。

その日、私もテレビのニュース中に2機目の激突シーンが放映されていたのを、リアルタイムで見た衝撃を今でも忘れません。

あれから6年。


今でも、見つからない遺体があるようで、なくなられた方のご冥福をお祈りします(-人-)


本日の東京タイムは全体的に小康状態が続きました。

午前中はドル円、クロス円全般に、米証券系が断続的な売りを入れていたようで徐々に下落する展開となりました。

9時過ぎに日経平均株価が小高く寄り付くと、他の米証券系から大量の買いが入ったようで反発し113.7円程度まで上昇しました。

夜9時30分頃には一時的に114円台に突入し、23時頃に再び114円10を突破しましたが、その後113円台に押し戻されてしまいました。

 
  日経平均株価引値:15,877(前日比+112)
  

本日の欧米タイムに注目される経済指標

21:15 加8月住宅着工件数
21:30 米7月貿易収支
21:30 加7月新築住宅価格指数
21:30 加7月貿易収支
23:00 トリシェECB総裁、EU議会にて議会証言
翌0:00 米FRB議長 講演
翌0:00 独連銀総裁、講演
翌2:00 中銀総裁、講演


ドル円については112円台後半に実需系や投信系の買いが控えているようで、113円を大きく割る可能性が若干だけへりました。

ただ、本日の米FRB議長の発言内容によっては大きく振れる可能性も否定できませんので十分な注意が必要です。

また、本日、トリシェECB総裁が、クレジット損失、金融機関の基調的健全性を損なうほど悪くないと発表したことも多少は、金融市場を安定させる要因になったようです。

先ほど、EUR/USDが最近の安値1.3847をつけました。

ドルがこれほど売られるのも、いつまでつづくのか。

ちょっと悲しいです。

本日のkiikですが、先週からのポジション維持を継続中です。

現状の不安定なFX市場では、あまり大きく手をだせません。

毎日、要チェックです。

それでは本日はこの辺で、GOOD NIGHT!

テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX 米経済の行方

本日のFX!

みなさんこんばんは。

先週の金曜日の下げ(円高)は凄かったですね。

今後の、米経済はいったいどうなるのでしょうか。

本日の東京タイムもドル円、クロス円ともに下げに向かって幕を開けました。

ドル円は早朝の取引で欧州系銀行から数百本に及ぶストップロスの売りが入ったようで、一気に112.6円台まで下落しました。

その後は、113円台を回復するも、日経平均株価が下げ幅を拡大させたことが影響し、112円台に逆戻り。

しかし、午後には機関投資家が断続的な買いを入れてきた事で、再び113円台に上昇。
 
クロス円もドル円とほぼ同じような動きで、上げ下げを繰り返し、157円前半まで上昇しました。

ドル円の113円以上には米筋の売りオーダーが控えているそうで、それらをこなして上値を買い上げるには、難しい局面です。

米タイムには、米アトランタ地区連銀のロックハート総裁が、

海外投資家が今後ドルを大量に売るとの見方について、

『過度に心配していない』

また、『ドル売りに対する懸念は大げさだと思う』

と指摘した事などが発表されると、市場に若干の安心感が漂ったのか、113円後半まで上昇しました。


日経平均株価終値:15,764.97(前日比-357)

本日欧米タイムに注目される経済指標


21:30 米アトランタ連銀総裁、「米経済見通し」について講演
翌0:00 米サンフランシスコ連銀総裁、「Fedの視点」について講演
翌2:00 米ダラス連銀総裁、地域経済に関する会合にて講演
翌4:00 米7月消費者信用残高


金曜日には、雇用統計が予想に反して、-4,000人と発表されたが、想定範囲内と発表され、米経済の今後についても、小売の上昇など力強く成長を続ける、との見解を示していたので、確かにその通りだと思いますが、最近の市場は敏感過ぎるので、弱い数値に反応しやすく大きく動く可能性も否定できません。

とにかく、取引には十分な注意が必要な状況です。

取引をされる方は、必ずストップを入れるか、スワップ狙いの方は小さいレバレッジで取引し、荒い動きにもたえらるように、しっかりと管理してくださいね。

噂では、この数ヶ月でかなりの方がFXで大損しているという情報を聞きました。

みなさんがそうでない事を祈っています(-人-)

本日のFXですが、金曜の取引をそのまま継続中で、追加等はしないつもりです。

もう少し、小さい取引で様子を見たいと思います。

本日はこの辺で、GOOD NIGHT!

テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX 円高進む

本日のFX!

みなさんこんばんは。

昨日と今日の朝方は凄い雨風でしたね。

久しぶりの台風直撃にちょっと衝撃をうけました。

増水や洪水、崖崩れ等でみなさんに被害が無い事をお祈りしています(-人-)

さて、本日のFXは日中はどちらに動くというでもなく、方向感の乏しい商いとなっていました。

東京株式市場も下落し、円高基調でしたがそれほど目立った動きはありませんでした。

夜の欧米タイムに入り、米雇用統計で前月比-4,000人と発表されると大幅な下落が始まり、一時113.7円台に突入一気に1円超の下げになりました。

EUR/USDも一時1.38台の大台に突入。

まさに、米経済の最近の経済指標の弱さを反映しているかのような下げでした。

現在の状況では、当面円高局面から脱出できない期間が続きそうですから、十分注意が必要かと思われます。

そんな中、先ほど約1ヶ月ぶりのFX参入をしました。

これほど、弱い指標がでている、USD/JPYを少々。

現状ではあまり期待はできませんが、小さく利益が拾えればと期待して買いました。

もしかしたら、損切りになるかもしれませんが、それはそれ。

目標にしていた114円を切った事で参入したので、悔いはありません。

まだ、もう少し下がるかもしれませんが、とりあえず、このまま様子を見たいと思います。

それでは本日はこの辺で、GOOD NIGHT!


テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX ECB金利据置

本日のFX!

みなさん、こんばんは。

凄い雨ですね。台風直撃で風雨が強まってきました。

くれぐれも、注意してくださいね。

サーファーの方なども、海には絶対行かないように。

さて、今日の目玉はなんと言ってもECBの政策金利の発表です。

大方の予想通り、4.00%据置となりました。

現在の金融市場の混乱を反映しもう少し様子見というところのようです。

以下に、今回の概要とECBトリシェ総裁の会見を若干掲載します。

主要政策金利である定例買いオペの最低応札金利を4.00%に据え置き。限界貸出金利と中銀預金金利もそれぞれ5%と3%に据え置き。

『政策決定の背景』
前回の会合意向に入手した情報から、物価安定の中期的見通しが依然上方リスクに傾いていることを確認。最近のマクロ経済指標も、ユーロ圏経済の力強いファンダメンタルズを確認しているとともに、実質域内総生産(GDP)の伸びに対する良好な中期的見通しを支持している。こうした背景の下、ECBの金融政策は依然として緩和気味。  同時に、ここ数週間の金融市場のボラティリティとリスクの再評価は、不透明性の高まりにつながった。この高水準の不透明性を踏まえ、追加情報や新たな経済指標を集めることが適切だ。

と、いうような会見内容でした。

当分、ユーロ圏は安定した経済が続くものと思われますが、いつまでか、というとそう永くは続かないと思っています。来年・・・。


本日の欧米タイムに注目される経済指標

23:00 米8月ISM非製造業指数
23:00 加8月Ivey購買部景況指数
23:30 米週間原油在庫
翌0:00 米セントルイス連銀総裁、「雇用と貿易」について講演
翌0:30 米サンフランシスコ連銀総裁、クロズナーFRB理事、「アジア    の銀行業、その課題と機会」について講演
翌1:25 米アトランタ連銀総裁、「米経済見通し」について講演
翌3:00 フィッシャー米ダラス連銀総裁、「地域経済」講演
翌6:00 リーカネン・フィンランド中銀総裁、講演
 

上記を踏まえ、本日のFXですが、クロス円の安値を拾いたいと思っています。

昨日の夜、散々参加しようと思っていましたが、ある友人から、114円台まで我慢、という助言をいただき、頑張って参加しませんでした?

今晩か明日には参加しようと考えています。

要チェック。

それでは本日はこの辺で、GOOD NIGHT!

テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX 膠着続く

本日のFX!

みなさんこんばんは。

台風が近づいている性で、蒸し暑い1日となりました。

雨が降ったり晴れ間が差したりと台風特有の天気でした。

明日が、関東はピークとなりそうですので注意してくださいね。

さて、本日のFXは朝からほとんど様子見となり、USD/JPYも116円台で行ったり来たり。

EUR/JPYは158.20円近辺から断続的に欧州系銀行からの買いが入っていたようで、一時158.6円台まで上昇しました。

このEUR/JPYが主導するかたちでクロス円も全般に上昇し、ドル円は116.4円台、ポンド円は234.8円台、豪ドル円に至っては96.5円付近まで上昇しました。

しかし、その後は徐々に上値も重くなり膠着状態に突入し、夕方にはドル円は115円台まで下落しました。

本日は日経平均株価が午前中の上昇から一転して午後には、250円を超える下落がFX市場にも影響し、クロス円全般に売りが優勢となりました。


 日経平均株価終値:16,158(前日比-262)
  

本日の欧米タイムに注目される経済指標

22:00 カナダ銀行(BOC)政策金利発表
23:00 米7月中古住宅販売保留
23:30 米週間原油在庫
翌3:00 米地区連銀経済報告


現在は、サブプライム問題に関連して何かと妙な噂が流れやすく、波乱を警戒する声も多方面で聞かれます。

また、相変わらず株価に敏感に反応しやすい状況が続いていますので、これからNYタイムに向けて、欧州各国の株価やダウ先物の動向次第では、ドル円、クロス円ともに一段の下落も否定できず注意が必要です。

さて、本日のFXですが、参加したいと思っていましたが、米雇用統計が、予想を大きく下回った事がちょっと気になりました。

しかし、全体的には比較的安定しているので、ちょっと低めで買いを入れてみようかと考えているところです。

このあたりなら・・・というところを模索中です。

そろそろ頑張らないと。

それでは本日はこの辺で、GOOD NIGHT!

テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX ドル円、クロス円軟調

本日のFX!

みなさんこんばんは。

昨日は、あまりにも疲れていて、子供を寝かせながらつい私も熟睡してしまい気がついたら、0時30分。

それから起きて、FXブログをアップしないと・・・、と思いながら結局アップできず。

でもそれからなかな寝付けませんでした。

今日は、昨日の分までアップアップ。

東京市場の午前中は円買いが優勢でしたが、昨日のNY市場でドル円・クロス円が上値を確認したことから、軟調な地合いとなっていました。

ドル円は116円手前で方向感なく、行ったり来たり。115.3円台まで軟化するも、仲値にかけて115.90円台まで買い戻されるなど一進一退の動きが続きました。

ユーロ円もソブリン系と思われるユーロドルの影響もあり、157円後
半の動きが中心でしたが、夕方には以前から噂されている独銀のサブプライム絡みの損失が思った以上に悪い状態との噂が広がったことから、欧州通貨を中心に大きく下げ、ユーロ円に至っては156円台まで下落しました。
  
これに対し堅調な動きを見せてたのがAUDでした。

第2四半期GDPが市場予想を上回る結果となったことから、AUD/USDは0.825ドル台、AUD/JPYは95.6円台まで上昇し昨日の高値を更新しました。

その後は機関投資家の売りが待っていた事もあり95円半まで押し戻されました。
  
日経平均株価も終り値16,420(前日比-104)と下落と、散々な一日となりました。

今夜、欧米タイムに注目される経済指標

23:00 米8月ISM製造業景況指数

23:00 米7月建設支出


今日の下落でFX市場参加者がサブプライム問題に相変わらず神経質な状態にあることがうかがえます。

今夜のNY市場に向けてもう一波乱おきる可能性も否定できませんので注意が必要と思われます。

本日のFXですが、今週からFX市場への参加をする予定でおりますが、まだ参加しておりません。

今夜の動き次第で検討したいと思います。

一応、USD/JPY or AUD/JPYあたりに狙いを定めています。

みなさん頑張りましょうね。

本日はこの辺で、GOOD NIGHT!


テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX 来週より参戦

本日のFX!

みなさんこんばんは。

やっとFX市場も落ち着いてきたみたいですね。

先日から、ドル円も115円から116円台を行ったり来たりと若干の円安に向かい始めています。

ちょっとFX参戦が遅かったかもしれませんが、これから地道に頑張っていきます。

国内も海外も相変わらずのサブプライム懸念が残っていますが、株価ともそれほど連動して上げ下げしなくなってきましたし、本来の為替市場に戻りつつあるように見受けられます。

アジアタイムに報道された、ブッシュ大統領によるサブプライムローンの、借り手に対する救済策の提案の報道内容が明らかになればFX市場に歓迎される事でしょう。

それに伴い世界の株価上昇に繋がり、円売り安心感に繋がっていく見込みが高いと思われます。

来週から、みなさんと同じ土俵な立てると思うとわくわくしてきますが、市場の動向を見ながら、FX取引をしていきたいと思います。

本日はこの辺で、GOOD NIGHT!

テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

SEO対策:FX SEO対策:外国為替証拠金取引 SEO対策:情報 SEO対策:投資
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。