スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX今週の展望

FX今週の展望

みなさんこんばんは。

先週のFXは米ドル円、クロス円が比較的穏やかに上昇しました。

さすがに、米ドルも105円には届きませんでしたが、現段階では十分なほどの上昇だったと思います。

金融市場の不安説が和らいだのきっかけにして、ユーロ高懸念発言と経済指標の低下等でユーロが下落を始めたのが大きいと思います。

今週から来週にかけては、日本はゴールデンウィークとなりますが、世界的には休みではなく、FXは継続されていますので、取引は可能です。


今週の主な経済指標

4月28日 月

   国内 08:50 商業販売統計(3月速報、経済産業省)

    海外 15:10 独・GFK消費者信頼感調査(5月)
       18:45 欧・欧州委員会、経済成長見通し    
        英・ネーションワイド住宅価格(4月、30日までに)
        独・消費者物価指数(CPI)速報値(4月)
        米・決算:ビザ、タイソン・フーズ、ラジオシャック、ベライゾン・コミュニケーションズ    
4月29日 火

   国内   祝日:昭和の日    
   
   海外 15:45 仏・住宅着工・着工許可件数(3月)  
       15:45 仏・消費者信頼感指数(4月)
       15:50 仏・景況感指数(4月)  
       17:30 英・住宅証券融資高(3月)
       17:30 英・モーゲージ承認件数(3月)
       17:30 英・マネーサプライ(M4)確報値(3月)  
       17:30 英・消費者信用残高(3月)
       22:00 米・S&Pケースシラー住宅価格指数(2月)
       23:00 米・消費者信頼感指数(4月)
        米・連邦公開市場委員会(FOMC、29-30日)    
        米・決算:コーニング、CBS、カントリーワイド・ファイナンシャル、USスチール、オフィス・デポ    

4月30日 水

   国内 08:15 製造業PMI(4月、野村・JMMA)
       08:30 家計調査(3月、総務省)
       08:30 完全失業率(3月、総務省)
       08:30 有効求人倍率(3月、厚生労働省)
       08:50 コミットメントライン契約額(3月、日本銀行)    
       08:50 鉱工業生産(3月、経済産業省)
       08:50 貸出債権市場取引動向(1-3月、日本銀行)    
       09:00 政策委員会・金融政策決定会合(日本銀行)    
       13:00 自動車生産(3月、日本自動車工業会)
       14:00 中小企業景況判断(4月、商工中金)  
       14:00 建設工事受注額(3月、国土交通省)  
       14:00 住宅着工統計(3月、国土交通省)
       15:00 「経済・物価の展望(展望リポート)」(4月・基本的見解、日本銀行)    
       15:30 白川方明・日本銀行総裁、定例記者会見(日銀本店)    
       19:00 外国為替平衡操作(為替介入)の実施状況(4月、財務省)    
       19:30 当座預金増減要因と金融調節(4月実績速報、日本銀行)    
        目標金利(無担保コール翌日物、日本銀行)
        揮発油税などの暫定税率を復活させるための租税特別措置法改正案を衆院で再可決する見通し(政府・与党)    
   
   海外 06:00 米・ABC消費者信頼感指数(週間)  
       08:01 英・GFK消費者信頼感指数(4月)
       15:00 独・ILO失業率統計(3月)  
       16:55 独・失業率(4月)
       18:00 欧・ユーロ圏消費者信頼感(4月)
       18:00 欧・ユーロ圏業況判断指数(4月)  
       18:00 欧・ユーロ圏失業率(3月)
       18:00 欧・ユーロ圏消費者物価指数(CPI)速報(4月)
       20:00 米・MBA住宅ローン申請指数(先週)
       20:55 欧・トリシェECB総裁が会合で挨拶(独アーヘン)    
       21:15 米・ADP雇用統計(4月)
       21:30 米・個人消費速報値(1-3月)
       21:30 加・鉱工業製品・原料価格指数(3月)
       21:30 加・国内総生産(GDP)(2月)
       21:30 米・雇用コスト指数(1-3月)
       21:30 米・国内総生産(GDP)速報値(1-3月)
       22:45 米・シカゴ購買部協会景気指数(4月)
       27:15 米・連邦公開市場委員会・政策金利発表(FOMC、29-30日)
        独・小売売上高指数(3月)
        米・決算:タイム・ワーナー、クラフト・フーズ、P&G、ケロッグ、スターバックス、JDSユニフェーズ、シマンテック、オフィスマックス、ロウズ    

5月1日 木

   国内 10:00 デジタルカメラ出荷実績(3月、カメラ映像機器工業会)    
       10:30 毎月勤労統計(3月速報、厚生労働省)
       13:00 当座預金増減要因と金融調節(4月実績、日本銀行)    
       14:00 「経済・物価の展望(展望リポート)」(4月・全文、日本銀行)    
       14:00 軽自動車販売台数(4月、全国軽自動車協会連合会)  
       14:00 新車販売台数(4月、日本自動車販売協会連合会)  
        外貨準備高(4月、日本銀行)9日までに   $1015.6B
   
   海外 10:00 中・PMI製造業(4月)  
       17:30 英・PMI製造業(4月)
       20:30 米・チャレンジャー人員削減数(4月)  
       21:30 米・個人所得・消費支出(3月)
       21:30 米・失業保険新規申請件数(先週)
       23:00 米・建設支出(3月)
       23:00 米・供給管理協会(ISM)製造業景況指数(4月)
        米・自動車販売台数(4月)
        英・中央銀行、金融安定報告    
        米・決算:シグナ、イーストマン・コダック、シラス・ロジック、メットライフ、コムキャスト、エクソンモービル    
        祝日:中国、ドイツ、シンガポール、フランス    

5月2日 金

   国内 08:50 マネタリーベース(4月、日本銀行)  
       08:50 対外対内証券売買(先週分、財務省)  
       08:50 当座預金増減要因(5月見込み、日本銀行)    
       10:00 営業毎旬報告(4月30日現在、日本銀行)    
   
   海外 11:30 中・CLSA製造業PMI(4月)  
       15:45 仏・生産者物価指数(PPI)(3月)
       17:00 欧・PMI製造業景況指数(確報値)(4月)
       17:30 英・PMI建設業(4月)
       21:30 米・失業率(4月)
       21:30 米・雇用統計(4月)
       23:00 米・製造業受注指数(3月)
       米・景気刺激策の所得税還付付小切手、送付開始    
        米・決算:シェブロン、バイアコム    
        祝日:中国


今週のFXは先週かなり上昇しましたので、どうかと思いますが、私は比較的上昇が続くのではと思っています。

金融不安は続くものの、インフレが続く世界経済を背景に欧米経済も利下げをしにくい状態が続いています。

30日は、FRBの政策金利発表も比較的注目です。

また、ECB総裁の発言なども控えていますので、また一荒れあるかもしれません。

直近は米の大手決算発表もほぼ終了し、目先安心感が漂い始め、もう少し上昇すると見込んでいます。

それに伴い、クロス円もユーロ以外は堅調に伸びそうです。

ここに来て、南アランドも元気が戻ったようです。

11円台は直近では本当に狙い目だったと実感しています。

まだ、完全に市場不安は拭い去られていませんが、年後半には米経済も若干好転するとの報道があり市場に買いやすさが戻っていますので、ここは市場の流れに乗るのも手でしょう。

ただ、いつ何が起きるか分からない状態が続いていますので、なるべく短期で勝負される事をお勧めします。

現状では、米に加えて、豪とランドも面白いかも。

それでは本日はこの辺で、今週もFX頑張りましょう。
スポンサーサイト

テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX 落ち着きを取戻しつつあるFX市場

本日のFX!

みなさんこんばんは。本当に暖かい1日でした^^

さて、本日のFXは朝から低調な動きに終始していますが、豪ドルが強いCPI指標の結果を受けて上昇しています。

また、ユーロが朝方、対米ドルで史上最高値の1.6を付けましたが、欧州市場に入りフランスのジュイエ欧州担当相のユーロ高牽制発言などをきっかけに売りが強まり、1.5866まで下落しました。

米ドル円は朝方こそアジア系からの売りが入って102.8円台まで下げましたがその後は買いも入り、103円前後で推移しています。

昨日の米企業の決算発表から米ドルが徐々に軟調になってきていますが、ここのところ金融不安も薄らいできており、かなり強気な買いが入っているようです。

ただ、もうしばらく様子見が必要かもしれません。

本日の
日経平均株価:13579.16円(前日比:+31.34円)
上海総合指数:3278.33(+130.54)

本日の欧米時間に注目される経済指標  
                 

16:30 リクスバンク(スウェーデン中銀)、金利発表および金融政策報告発表 
17:00 ユーロ圏4月製造業PMI・速報値  
17:00 ユーロ圏4月サービス業PMI・速報値 
17:00 ユーロ圏4月総合PMI・速報値  
17:30 イングランド銀行MPC議事録
18:00 ユーロ圏2月製造業受注 
18:30 南ア3月消費者物価指数
21:00 ノルゲバンク(ノルウェー中銀)、政策金利発表  
20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比)
21:30 加2月小売売上高  
21:30 加2月小売売上高(除自動車)  
23:30 米週間原油在庫(前週比)  


本日発表があった経済指標では、米MBA住宅ローン申請指数(前週比)が-14.2%と大きく減少しました。

これは、借入金利が急上昇したために借入を手控えた向きが強いようです。

また、ユーロ圏の経済指標は比較的堅調な数値を示しましたが、要人発言でユーロ高牽制や、為替相場の過剰反応が示唆されて、特にユーロが下落しています。

このあとのFXですが、米ドルやクロス円がジリジリと堅調に推移しそうな感があります。

もしかすると、そろそろユーロの大幅下落が始まるかもしれませんので、ユーロホルダーの方は特に注意が必要かもしれません。

ただ、米ドルや他のクロス円もサブプライムの余波に押しつぶされる可能性もありますので、十分に注意して取引していただければと思います。

当面は買いは豪ドルが中心かもしれません。

それでは本日はこの辺で、GOOD NIGHT!

テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX 4月第4週の展望

FX 4月第4週の展望

みなさんこんばんは。

先週のFXはついに大きな動きとなりました。

ドル円、クロス円が大幅に上昇、一時米ドル円が104円40銭を突破!

他のクロス円も軒並み上昇し、豪ドル円も97円を超えました。

米メリルの決算が想定よりも良かった事を受けての先行き安心感から買われた向きが強いですが、米経済の悪化はまだ序章に過ぎず、これからが本番だと思います。

ただ、今回の決算が大方の予想よりも良かったという事は、思ったよりも被害が小さいと思われ始めていますので、今後も続く大手の決算発表によってはさらなる上昇もあり得ます。

今後も決算法表に注目です。

今週の主な経済指標

4月21日 月

  国内 08:50 主要銀行貸出アンケート(4月、日本銀行)    
      08:50 第3次産業活動指数(2月、経済産業省) -0.7% 0.7%
      14:00 景気動向指数(2月改定、内閣府) 先行,54.5% 先行,50.0%
      14:00 鉄鋼生産(3月、日本鉄鋼連盟)   粗鋼,-4.3%
      16:00 コンビニエンスストア売上高(3月、日本フランチャイズチェーン協会)   1.2%
 
  海外 08:01 英・ライトムーブ住宅価格(4月)   0.8%
      21:30 加・対内・対外証券投資(2月)   国際証券,カナダ$0.916
      22:00 米・シカゴ連銀総裁、個人の資産管理に関する朝食会で歓迎スピーチ(シカゴ)    
      26:00 欧・パパデモスECB副総裁、年次報告書を欧州議会に提出(ストラスブール)    
        独・輸入物価指数(3月、25日までに発表) 0.5% 1.1%
        米・決算:ハリバートン、テキサス・インスツルメンツ、ノベラス・システムズメルク、    
        バンク・オブ・アメリカ(BOA)、イーライ・リリー    

4月22日 火

  国内 10:00 営業毎旬報告(20日現在、日本銀行)    
      10:00 21世紀政策研究所、シンポジウム「地域再生戦略と道州制」    
      11:00 民生用電子機器国内出荷(テレビDVD出荷3月、電子情報技術産業協会)   9.0%
      14:00 全国スーパー売上高(3月、日本チェーンストア協会)   1.9%
         
  海外 22:00 加・カナダ中銀、政策金利 3.00% 3.50%
      23:00 米・リッチモンド連銀製造業指数(4月)   6
      23:00 米・住宅価格指数(2月)   -1.1%
      23:00 米・中古住宅販売(3月) -1.6% 2.9%
        米・予備選(ペンシルベニア州)    
        米・決算:カーライル、ロッキード・マーチン、コーチ、デュポン、テルラブスAT&T、    
        ヤム・ブランズ、ブロードコム、ヤフー、マクドナルド、UAL、アメリカン・エキスプレス    

4月23日 水

  国内 08:50 貿易統計(3月、財務省) 通関ベース,\890.2B 通関ベース,\598.4B
      08:50 預金種類別店頭表示金利の平均年利率等について(日本銀行)    
   
  海外 06:00 米・ABC消費者信頼感指数(週間)   -39
      15:45 仏・消費者支出(3月) -0.3% 1.2%
      16:00 独・PMI製造業・サービス業(4月) 製造業,54.8 製造業,55.1
      16:00 仏・PMI製造業・サービス業(4月) 製造業,51.8 製造業,51.9
      17:00 欧・PMI製造業・非製造業景況指数(速報値)(4月) 製造業,51.7 製造業,52.0
      17:30 英・BBA住宅ローン承認件数(3月)   43870
      17:30 英・イングランド銀、金融政策委員会(MPC)議事録    
      18:00 欧・ユーロ圏鉱工業新規受注(2月)   2.0%
      20:00 米・MBA住宅ローン申請指数(先週)   2.5%
      21:30 加・小売売上高(2月) 0.3% 1.5%
        米・ゼーリック世銀総裁、講演(ブリュッセル)    
        米・決算:ムーディーズ、アムバック・ファイナンシャル、ボーイング、UPSクアルコム、    
        アフラック、ザイリンクス、アップル、EMC、アマゾン・ドットコム、シェリング・プラウ、    
        ノースウエスト航空    
4月24日 木

  国内 08:50 全産業活動指数(2月) -0.5% 0.0%
      08:50 企業向けサービス価格指数(3月、日本銀行) 0.7% 0.7%
      08:50 対外対内証券売買(先週分、財務省)   対内株式ネット,-\3.4B
   

  海外 15:45 仏・生産アウトルック指数(4月) -12 -11
      15:45 仏・企業景況感指数(4月) 108 109
      17:00 欧・ユーロ圏経常収支(2月)   -10.6B
      17:00 独・Ifo企業景況感指数(4月) 景気動向,104.4 景気動向,104.8
      17:30 英・小売売上高指数(3月) -0.2% 1.0%
      21:30 米・失業保険新規申請件数(先週) 375K 372K
      21:30 米・新築住宅販売(3月) -0.8% -1.8%
      21:30 米・耐久財新規受注(3月) 0.1% -1.1%
      23:00 米・求人広告指数(3月) 20 21
      23:30 加・カナダ中銀、金融政策リポート    
        英・ネーションワイド住宅価格(4月、30日までに)   -0.6%
        欧・欧州中央銀行主催の会議、トリシェECB総裁が開幕の挨拶(25日まで、フランクフルト)    
        米・決算:ペプシコ、スターウッド・ホテル・アンド・リゾート・ワールドワイド、3M、    
        エトナ、ダウ・ケミカル、KLAテンコア、イーストマン・ケミカルアムジェン、マカフィー、    
        百度(バイデュ・ドット・コム)、アルトリア・グループ、モトローラ、USエアウェイズ、    
        マイクロソフト、コノコ・フィリップス、ニューモント・マイニング    

4月25日 金

  国内 08:30 消費者物価指数(全国3月と東京都区部4月中旬、総務省) 全国,1.2% 全国,1.0%
        福田首相、ロシア訪問(27日まで)    
   

  海外 17:00 欧・ユーロ圏マネーサプライ(M3)(3月) 11.0% 11.4%
      17:30 英・サービス業指数(2月)   0.5%
      17:30 英・国内総生産(速報値)(1-3月) 0.4% 0.6%
      23:00 米・ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値)(4月) 63.5 63.2
        米・ルービン元財務長官、税制に関する講演    
        米・決算:チャータード・セミコンダクター・マニュファクチャリング、グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー    
        祝日:オーストラリア


今週のFXに影響を与えそうな経済指標は上記のような流れになっています。

今週は米大手の決算が控えていますので、株式市場と為替市場にも大きな影響を及ぼしそうです。

この結果いかんでは、上昇も下降もありえますので、ポジションを持っている方、参加しようと思っている方は機敏に対応していただきたいと思います。

先週のFXで大幅上昇した事により、今週は利確する方も多いと思いますが、安心感が漂い始めていますので一揆の上昇もあり得ます。

今週に限っては上げ下げ激しい週となる可能性が高いので、短期で利幅を狙えればと思っています。

なんとなく、米ドルへの買いが強くなってきていますので、ショートもロングも米ドルを中心に狙ってみたいと思っています。

また、新しい取引方法も着実に成果で出ると核心を持ち始めています。

しばらく継続的に取引をして、記録していきたいと思います。

それでは、今週も頑張りましょう。

GOOD FX!

テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX 難しい!

本日のFX!

みなさんこんばんは。

市場になぜか若干の安心感が漂い始め、東京市場こそ動きがとぼしかったですが、欧米市場に入り、ドル円、クロス円の動きが活発となりました。

また、昨日の米経済指標が思いのほか良かった事もドル買いに波及しています。

本日はECB経済月報が発表されましたので、記載しておきます。

ECB経済月報
一時的な高水準のインフレ率の時期が長期化している
中期的な物価安定性に対する『上振れ』リスクがある
ユーロ圏の経済ファンダメンタルズは『健全』
緩やかな景気拡大が続いている
信用危機に伴う不確実性、『異例に大きい』
市場の逼迫は当初の予想より長期化する公算
現行金利はインフレ目安の達成に寄与する
二次的影響の阻止に『強く取り組む』

また、独連銀総裁よりユーロ圏のインフレ率が2%を越えるとの発言もありました。

ユーロ・米ドルはユーロ圏の高景気指標で、1.5982をつけ至上最高値を更新しました。

本日の
日経平均株価:13398.30円(前日比:+252.17)
上海総合指数:3222.741(-68.858)


本日の欧米時間に注目される経済指標  
                 
 
20:00 ウェーバー独連銀総裁、講演
21:30 米新規失業保険申請件数     
22:45 コーンFRB副議長、
「テーマは銀行業務の変化:金融安定化へ与える意味と
 最近の市場混乱からの教訓」について講演
23:00 米3月景気先行指数         (-0.3%)
23:00 米4月フィラデルフィア連銀製造業指数 (-17.4)
翌2:45 フィッシャー米ダラス連銀総裁、講演
翌4:00 ラッカー・リッチモンド連銀総裁、講演


上記の指標で米新規失業保険申請件数が発表されましたが、37万件を超えて前回よりも増えてしまいました。

また、本日市場で注目を集めているのは、米証券大手のメリルリンチの決算発表です。

大方の予想は、3四半期連続で赤字になるとみられてますので、その結果次第では大きなドル売りになることも予想されます。

その逆もしかり。

最近はなんとなくFX取引が難しく感じています。

米大手の決算が出揃わないとFX取引をする気になりません。

様子をみて明日だけちょっと取引してみようかと思っています。

もちろんショートで。

それでは本日はこの辺で、GOOD NIGHT!

テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX 4月第3週の展望

FX 4月第3週の展望

みなさんこんにちは。

先週のFX、特にドル円、クロス円は前半上昇中盤下降、後半に上昇後下落という激しい展開となりました。

前半は下落と予想しましたが、上昇するという逆展開でおおはずれ、後半に掛けてはまずまずでしたが、ちょっと不満でした。



4月14日 月

   国内 08:50 マネタリーサーベイ(2月、日本銀行)    
       08:50 政策委員会・金融政策決定会合、議事要旨(日本銀行)    
       10:00 営業毎旬報告(10日現在)(日本銀行)    
       14:00 「投信概況」(東証)(投資信託協会、3月)    
       15:00 第83回信託大会(経団連会館)    
   
   海外 15:30 仏・フランス銀行ビジネス・センチメント(3月) 106 107
       17:30 英・生産者物価指数(3月) 0.4% 0.2%
       18:00 欧・ユーロ圏鉱工業生産(2月) 0.2% 0.9%
       21:30 加・新車販売台数(2月) -1.5% 8.2%
       21:30 米・小売売上高(3月) 0.0% -0.6%
       23:00 米・企業在庫(2月) 0.5% 0.8%
        中・外貨準備高(3月、17日までに発表) $1690.00 $1528.25
        中・マネーサプライ(M2)(3月、17日までに発表) 17.2% 17.5%
        米・ウォーシュFRB理事、経済政策に関するパネル討論会    
        祝日:インド、タイ    

4月15日 火

   国内 08:50 製造業部門別投入・算出物価指数(3月、日本銀行)   投入,1.0、産出,0.3
       13:00 首都圏・近畿圏マンション発売(3月、不動産経済研究所)   首都圏,-28.0%
        東京ディズニーランド、開園25周年    
   
   海外 06:30 米・トリシェECB総裁、世界経済政策フォーラムで講演(ニューヨーク)    
       08:01 英・RICS住宅価格(3月) -65.5% -64.1%
       15:00 欧・EU加盟25カ国新車登録台数(3月)   8.6%
       15:45 仏・消費者物価指数(3月) 0.6% 0.2%
       17:30 英・DCLG住宅価格(2月)   8.0%
       17:30 英・小売物価指数(3月) 0.5% 0.8%
       17:30 英・消費者物価指数(3月) 0.6% 0.7%
       18:00 独・ZEW景況指数(4月) -30.0 -32.0
       18:00 欧・ZEW景況指数(4月)   -35.0
       21:30 米・ニューヨーク連銀製造業景況指数(4月) -17.0 -22.2
       21:30 米・生産者物価指数(3月) 0.7% 0.3%
       22:00 米・ネット長期TICフロー(2月) $45.0B $37.4B
       26:00 米・NAHB住宅市場指数(4月) 20 20
        中・鉱工業生産(3月、18日までに発表) 16.2% 15.4%
        中・小売売上高(3月、18日までに発表) 19.8% 19.1%
        中・固定資産投資(3月、18日までに発表) 24.0% 24.3%
        中・生産者物価指数(3月、18日までに発表) 6.8% 6.6%
        米・決算:シーゲート・テクノロジー、ジョンソン・エンド・ジョンソン、インテル、ワシントン・ミューチュアル    
        祝日:タイ    

4月16日 水

   国内 15:00 工作機械受注額(3月確報、日本工作機械工業会)   2.9%
       17:00 業態別日銀当座預金残高(3月)(日本銀行)    

    海外 06:00 米・ABC消費者信頼感指数(週間)   -34
       15:00 独・消費者物価指数確報値(3月) 0.5% 0.5%
       17:30 英・製造業単位労働コスト(2月)   1.7%
       17:30 英・平均所得/含ボーナス(2月) 3.7% 3.7%
       17:30 英・失業率(3月) 2.5% 2.5%
       18:00 欧・ユーロ圏消費者物価指数(3月) 0.9% 0.3%
       20:00 米・MBA住宅ローン申請指数(先週)   5.4%
       21:30 加・製造業出荷(2月) 0.5% 1.3%
       21:30 米・住宅着工・建設許可件数(3月) 着工,1025K 着工,1065K
       21:30 米・消費者物価指数(3月) 0.3% 0.0%
       22:15 米・設備稼働率(3月) 80.3% 80.4%
       22:15 米・鉱工業生産・設備稼働率(3月) 鉱工業,-0.1% 鉱工業,-0.5%
       24:45 米・サンフランシスコ連銀総裁、米経済見通しについて講演(カリフォルニア州)    
       25:30 米・フィラデルフィア連銀総裁、金融政策について講演(ペンシルバニア州)    
       27:00 米・地区連銀経済報告(ベージュブック)    
        米・決算:コカ・コーラ、JPモルガン・チェース、ウェルズ・ファーゴ、IBM、eベイ、AMR    

4月17日 木

   国内 08:50 対外対内証券売買(先週分、財務省)
       10:30 毎月勤労統計(2月確報、厚生労働省)    
       16:30 奥正之・全国銀行協会会長、お別れ会見(銀行会館)    
 
   海外 11:00 中・国内総生産(1-3月) 10.4% 11.2%
       17:00 欧・ECB月報(4月)    
       18:00 欧・ユーロ圏貿易収支(2月)   -10.7B
       20:00 加・消費者物価指数(3月) 0.3% 0.4%
       21:30 米・失業保険新規申請件数(先週)   357K
       22:45 米・コーンFRB副議長、リッチモンド連銀主催の信用市場シンポジウムで基調講演    
       23:00 米・景気先行指標総合指数(3月) 0.1% -0.3%
       23:00 米・フィラデルフィア連銀景況指数(4月) -15.0 -17.4
       26:45 米・ダラス連銀総裁、「国際貿易の進化」講演(シカゴ)    
        米・決算:ユナイテッド・テクノロジーズ、メリルリンチ、ニューヨーク・タイムズ、    
        バンク・オブ・ニューヨーク、AMD、Eトレード、グーグル、ファイザー    

4月18日 金

   国内 09:00 全国支店長会議(日本銀行)    
       14:00 電力需要実績速報(2月、電気事業連合会)   大口,8.0%
       14:00 消費動向調査(3月、内閣府)   一般世帯,36.1
       14:30 「地域経済報告」資料(4月、日本銀行)    
       14:30 生命保険協会会長、記者会見(日銀記者クラブ)    
       14:30 百貨店売上高(全国・東京地区3月、日本百貨店協会)   全国,0.9%
   
   海外 07:00 米・半導体BBレシオ(3月)    
       15:00 独・生産者物価指数(PPI)(3月) 0.5% 0.7%
       17:30 英・M4貸出残高(3月)   17.4Bポンド
       17:30 英・公共部門純借入所要額(3月) 18.0B 2.9B
       17:30 英・マネーサプライ(M4)(3月) 0.5% 0.2%
       18:00 欧・ユーロ圏建設支出(2月)   1.6%
       21:30 加・卸売物価(2月)   2.6%
       21:30 加・景気先行指数(3月) 0.0% -0.3%
       21:30 米・リッチモンド連銀総裁、同連銀主催の信用市場シンポジウムでパネル討論会    
        中・不動産景気指数(3月)    
        米・決算:シティグループ、ワコビア、ゼロックス、キャタピラー    
        祝日:インド


今週は上記のような流れです。

FXに影響を与えそうな指標が月曜から目白押しです。

今回のG7でも発表されたように、深刻な世界経済情勢となってきました。

先進国だけではなく、新興国にも影響が及ぶと発言された事で全ての通貨に対するリスクと警戒感が漂うと思われます。

現状で比較的被害が少ないと言われているのが日本ですが、それでも日本の金融機関も多大な被害を受けている所もあるようです。

日本経済も低下している印象を受けます。

今後はFX取引の判断が微妙で難しくなってきそうです。

さて今週のFXですが、やはり月曜の早朝がどのように動くのかちょっと興味があります。

米ドル・円、クロス円がともに一旦大きく下げて始まりそうな気がしています。

そのあとは、低調な取引が続くのではと思っています。

上昇は水曜ぐらいからでしょうか。

ただし、水曜も経済指標が多いため指数が悪いとおおきな下落となる可能性もあります。

現在はまだショート優勢だと思いますし、しばらくこの傾向は続きそうです。

ただし、現在値を安いと思っている方が多いようで、買い意欲も旺盛ですので、ちょっとした事で上昇する傾向もあります。

どちらにしても短期での取引が有効だと思います。

現在のFX買いでは、やはり豪ドルが強いようです。

それと、ユーロ・米ドルのユーロ買いです。

しかし、たびたびユーロ高懸念発言が出始めましたので、いつ大きく下げ始めるかもわかりません。

ですので、ユーロ買いは控えたいと思います。

やはり、米ドル売りか、短期の豪ドル買いのどちらかをチャート見ながら取引したいと思っています。

それでは、今週も頑張りましょう。

テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX G7閉幕

FX G7閉幕

昨晩、ワシントンにてG7が行われました。

会議後の声明では為替相場について「前回会合以降、主要通貨において時として急激な変動があり、経済・金融の安定へ与え得る影響を懸念している」と指摘があり、円やユーロに対するドル急落に懸念を表明しました。

また、「引き続き為替市場をよく注視し、適切に協力する」との声明がありました。

共同声明が主要通貨の動向に懸念を示すのは、2000年9月のプラハG7以来です。

世界経済については「引き続き困難な時期に直面している」とした上で、新興国経済も国際金融市場の緊張や原油高など世界経済の下振れリスクの影響から「免れない」と指摘。

国際金融市場の混乱は「想定したよりも長引いている」として、前回の会合よりも厳しい認識を表明しました。

今回の声明で、世界経済の下振れリスクを表明し、適切に協力するとの発言はありましたが、具体策などは発表していないことから月曜早朝の動きが注目です。

もしかすると大きく下落する可能性もあります。

来週の展望は明日記載したいと思います。

それでは^^GOOD FX!

テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX 政策金利発表!

本日のFX!

みなさんこんばんは。

時間の関係で手短に。

本日は各国の政策金利発表が目白押しです。

ECBは4.0%維持、BOEは0.25%引下げとなりました。

先行き厳しいとの事。

おかげで、ユーロが若干下げ、米ドルが100円の大台で現状維持、ポンドが若干下げを見せました。


本日の注目される海外経済指標  

20:00  (英) BOE政策金利発表
20:45  (ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表
21:30  (ユーロ圏) トリシェECB総裁記者会見
21:30  (米) 週間新規失業保険申請件数(前回40.7万件)
21:30  (米) 2月貿易収支(前回-582億USD)
21:30  (加) 2月国際商品貿易(前回+33億CAD)
22:15  (南ア) SARB政策金利発表
翌03:00 (米) 3月月次財政収支(前回-1756億USD)


いよいよG7です。

取引には十分気をつけてくださいね。

GOOD NIGHT!

テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX 読み、おおはずれ!

本日のFX!

みなさんこんばんは。

日曜に予想した今週のFX展望!見事に初日から大外れ^^;

朝方から下落基調と思いきや、朝方こそ軟調だったもののじりじり上昇し101.54から102.9付近まで上昇しました。

その後は102円台前半まで下落し落ち着いた動きとなりました。

本日は特に大きな指標等もなく、102円後半まで上昇しましたが、上値が重く一旦は101.7円台まで下げましたが、その後は102円台前半で推移しています。

103円近辺には本邦輸出筋の大量の売り観測があるようで、上値はかなり重いと思われます。

現状ではドル円、クロス円の上値は重く、安易には買えない状況が続いています。

本日の
日経平均株価:13250円(前日比:-199.80円)
上海総合指数:3612.54(+12.92)

本日の欧米時間に注目される経済指標  
             
23:00 (米) 2月中古住宅販売保留 [前月比] (前回±0.0%)
翌03:00 (米) FOMC議事録(3月18日分)


このあともFXは大きな動きをしそうな指標もなく、動きに乏しいと想定されますが、現状のように上値が重いと一旦仕掛け的な売りが入り一時的に大きく下げる事も多々ありますので、注意しながら取引してください。

現状は、政府が資金供給を行い大手金融機関の損失補填(資本維持)をしたりして、市場に一時的に安心感が漂っていますので、若干買いが優勢となっていますが、まだまだ米経済や金融機関の実態が明らかになっていませんので、今月末の大手金融機関の決算発表などがあると大きく動くかもしれません。

どちらにしても、当面は下落基調が強いと思いますので、ロングを狙っている方は慎重に。

ただし、G7や今後の要人発言、経済指標等で上昇する事も否定できませので、ショート派の方も注意して取引していただきたいと思います。

さて、本日のFXですが、これといって狙いどころがありません。

まだ、新取引法も実践していませんので、とくに目立った取引はしていません。

動き始めた時に狙いたいのですが、もうすぐ寝る時間ですので、取引できるかどうか?

G7でのユーロ高懸念発言に期待してユーロ/米ドルの売りも面白いかも。

でも、一発狙いの賭けのようであまり好きではありませんが。

ただし、現在のユーロ高は異常ですので長期的な売りは有効かもしれません。

それでは本日はこの辺で、GOOD NIGHT!

テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX 4月第2週の展望

FX 4月第2週の展望

先週のFXは全体的に米経済の先行き不透明感とクレジット懸念が薄れ、木曜日まではドル円、クロス円が上昇しました。

しかし、金曜日に発表された、非農業雇用統計で-8万人との発表で大きく下落しました。

当然の結果といえばその通りですが、今週はどうか。


今週のFXに影響しそうな主な経済指標

4月7日 (月)

   国内 08:50 マネタリーベースと日本銀行の取引(3月、日本銀行)    
       08:50 外貨準備高(3月、財務省)   $1008.0B
       08:50 対政府取引(3月、日本銀行)    
        14:00 景気動向指数(2月速報、内閣府) 先行50.0% 先行36.4%
        15:00 コール市場残高(3月、日本銀行)    
           
    海外 15:45 仏・貿易収支(2月) -3.5Bユーロ -3.4Bユーロ
   17:30 欧・センティックス投資家信頼感指数(4月)   0.4
      19:00 独・鉱工業生産(2月) 0.0% 1.8%
      21:30 加・住宅建設許可(2月) 1.0% -2.9%
      28:00 米・消費者信用残高(2月) $5.5B $6.9B
        中・景況感指数(1-3月)   143.6
        独・卸売物価指数(16日までに)(3月)   -0.2%
        米・サンフランシスコ連銀総裁、新シアトル支店ビルの式典でスピーチ    
        米・コーンFRB副議長、同式典でスピーチ    
        米・ポールソン財務長官、講演(マイアミ)    
      米・ポールソン財務長官、グティエレス商務長官、記者会見    
        OECD「対日経済審査報告書」発表、グリア事務総長会見    
      米・決算発表:アルコア    

4月8日 (火)

国内 13:00 企業倒産件数(3月、東京商工リサーチ)   8.3%
      14:00 景気ウォッチャー調査(街角景気3月、内閣府)   先行き39.5
      14:00 政策委員会・金融政策決定会合(9日まで、日本銀行)    
   
海外 21:15 加・住宅着工件数(3月) 225.0K 256.9K
      23:00 米・IBD/TIPP景気楽観指数(4月)   42.5
      23:00 米・中古住宅販売保留(2月) -0.8% 0.0%
        中・企業家信頼感指数(1-3月)   139.6
        米・中古住宅販売成約指数(2月)    
        米・3月18日のFOMC議事録    

4月9日 (水)

国内 09:00 政策委員会・金融政策決定会合(2日目、終了後直ちに結果公表、日本銀行)    
      11:00 移動電話国内出荷(2月、電子情報技術産業協会)   7.6%
      12:30 長期プライムレートを変更、改訂の場合は10日から適用(みずほコーポレート銀行)         15:00 「金融経済月報」(基本的見解4月)公表(日本銀行)    
      15:00 工作機械受注額(3月速報、日本工作機械工業会)   -0.5%
      15:30 白川方明・日本銀行副総裁(総裁代行)、定例記者会見(日銀本店)    
        目標金利(無担保コール翌日物)(日本銀行) 0.50% 0.50%
       
海外 06:00 米・ABC消費者信頼感指数(週間)   -33
      08:01 英・ネーションワイド消費者信頼感指数(3月)   78
      15:00 独・輸入・輸出(2月)   輸入4.0%
      15:00 独・経常・貿易収支(2月) 経常13.3Bユーロ 経常15.0Bユーロ
      17:30 英・鉱工業生産(2月) 0.1% -0.1%
      17:30 英・製造業生産(2月) 0.0% 0.4%
      18:00 欧・ユーロ圏家計消費出(10-12月)   -0.1%
      18:00 欧・ユーロ圏政府支出(10-12月)   -0.1%
      18:00 欧・ユーロ圏国内総生産(10-12月) 0.4% 0.4%
      20:00 米・MBA住宅ローン申請指数(先週)   -28.7%
      23:00 米・卸売在庫(2月) 0.5% 0.8%
      26:30 米・ダラス連銀総裁、現在の経済状態について講演(サンアントニオ)    
        英・中央銀行金融政策委員会(10日まで)    
        韓・韓国総選挙    
        米・決算発表:サーキット・シティ・ストアーズ    
        祝日:韓国    

4月10日 (木)

国内 08:50 銀行貸出特殊要因調整後(3月、日本銀行)   1.4%
      08:50 広義流動性(3月、日本銀行) 3.5% 3.5%
      08:50 マネーサプライ(3月、日本銀行) 2.4% 2.3%
      08:50 機械受注統計(2月、内閣府) -14.0% 19.6%
      08:50 国際収支(2月、財務省) 経常\1650.0B 経常\2074.7B
      08:50 対外対内証券売買(先週、財務省)   対内株式ネット-\103.1B
      08:50 貸出・資金吸収動向(3月、日本銀行)   銀行・信金計0.8%
      10:30 ビール・発泡酒出荷数量(3月、ビール酒造組合)    
      11:00 オフィスの空室状況(3月末、三鬼商事)    
      14:00 「金融経済月報」(全文4月)公表(日本銀行)    
 
  海外 08:00 英・NIESR国内総生産予想(3月)   0.5%
      15:45 仏・経常収支(2月)   -2.8Bユーロ
      15:45 仏・鉱工業生産(2月) 0.2% 0.5%
      15:45 仏・製造業生産指数(2月) 0.2% 1.2%
      17:30 英・商品貿易収支(2月) -7550ポンド -7503ポンド
      17:30 英・貿易収支(2月) -4200ポンド -4102ポンド
      20:00 英・BOE金利発表 5.00% 5.25%
      20:45 欧・欧州中央銀行定例政策委員会、政策金利 4.00% 4.00%
      21:30 加・国際商品貿易(2月) カナダ$3.4 カナダ$3.3
      21:30 米・失業保険新規申請件数(先週) 365K 407K
      21:30 米・貿易収支(2月) -$57.8B -$58.2B
      26:30 米・ICSCチェーンストア売上高(3月)   1.9%
      27:00 米・財政収支(3月) -$81.0B -$96.3B
        加・貿易収支(2月)    
        英・イングランド銀金融政策委員会、政策金利    
        米・決算:ジェネンテック、ライト・エイド    
4月11日 (金)

国内 08:50 企業物価指数(3月、日本銀行) 0.3% 0.4%
         
海外 19:00 欧・ユーロ圏OECD景気先行指数(2月)   97.9
      21:30 加・新築住宅価格指数(2月) 0.4% 0.6%
      21:30 米・輸入物価指数(3月) 2.0% 0.2%
      23:00 米・ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)(4月) 69.0 69.5
        中・貿易収支(3月、15日までに) $14.25B $8.56B
        中・輸出総額・輸入総額(3月、15日までに) 輸出32.0% 6.5%
        米・7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)(ワシントン)    
        米・ダラス連銀総裁、会合で歓迎スピーチ(ダラス)    
        米・決算発表:ゼネラル・エレクトリック    

4月12日 (土)

海外   米・国際通貨基金(IMF)・世界銀行総会(13日まで)    

4月13日 (日)

海外   米・国際通貨基金(IMF)・世界銀行総会(最終日)


今週は上記のような流れになっています。

恐らく今週のFXは、先週金曜日の流れを引きづり、特に週前半は下落が始まると思われます。

米経済の今年度の上昇はほぼ見込めない状況、金利引下げ等による下落要因など多々あります。

上記要因を背景に一旦は100円を割る位置までいく可能性が高いと思います。

その後は、G7の動向や日銀総裁人事が確定したあとの発言などに注目する必要がでてきます。

米経済の上昇時期がある程度はっきり見えてくると、今後の下落位置や上昇時期が明確になると思われますが、現時点ではまだ見えません。

ただし、大半の方は現時点での『米ドルは安い』と思い買いに入っているようですが、私はそうは思っていません。

私個人的には年内にさらに一段安になると思っています。

それがいくらまでというのは分かりませんが、95円は割るのではと思っています。

米ドルを買うならそれからでも遅くないと思っていますが、買うかどうかはその時に判断しようと思っています。

あえて、米ドルを買う必要があるのか・・・という疑問符も残ります。


それから、先週なんとなく閃いた事があり今週から、ちょっといつもと違うトレードをしてみようと思っています。

ある一定の取引方法に沿ったトレードで、その方法では週1回です。

そして、その取引方法とその日の動きを記録していこうと思います。

ある程度の記録が残ったら公開するかもしれませんが、恐らくここでは公開しないと思います。

もしかしたら公開するかもしれませんので、是非知りたいと思う方がいましたらまた覗いてみてくださいね^^

当分は載せないと思いますが。

今週も基本的な狙いは短期の米ドル売りだと思っています。

それでは今週もFX頑張っていきましょう。

テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

FX 円高一服終了か!

本日のFX!

みなさんこんばんは。

お久しぶりです^^

約1週間ぶりとなりました。

この1週間のFXはクレジット懸念の緩和及び、米経済指標が予想より良好だった事からドル円・クロス円が上昇しました。

ただ、本日は非農業雇用統計で-8万人となる大幅減少で一時1円近い下げをみせました。

その後は、また1円近く戻したものの、また下落となっています。

今月発表予定のFF金利も-0.5%が有力との思惑が市場で広がってきました。

まだ、米経済の先行き不透明感が残っていますので当面は下落基調が続くものと思われます。

現在の円高一服も今夜までかもしれません。

また来週から、下落が始まるかも。

また、今夜は一段安があるかもしれません。

私も短期ショートでも狙おうかと思っています。

ロングの方は慎重に。

それでは本日はこの辺で、土日にまた来週の展望を記載します。

GOOD NIGHT!



テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

SEO対策:FX SEO対策:外国為替証拠金取引 SEO対策:情報 SEO対策:投資
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。