スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX 落ち着きを取戻しつつあるFX市場

本日のFX!

みなさんこんばんは。本当に暖かい1日でした^^

さて、本日のFXは朝から低調な動きに終始していますが、豪ドルが強いCPI指標の結果を受けて上昇しています。

また、ユーロが朝方、対米ドルで史上最高値の1.6を付けましたが、欧州市場に入りフランスのジュイエ欧州担当相のユーロ高牽制発言などをきっかけに売りが強まり、1.5866まで下落しました。

米ドル円は朝方こそアジア系からの売りが入って102.8円台まで下げましたがその後は買いも入り、103円前後で推移しています。

昨日の米企業の決算発表から米ドルが徐々に軟調になってきていますが、ここのところ金融不安も薄らいできており、かなり強気な買いが入っているようです。

ただ、もうしばらく様子見が必要かもしれません。

本日の
日経平均株価:13579.16円(前日比:+31.34円)
上海総合指数:3278.33(+130.54)

本日の欧米時間に注目される経済指標  
                 

16:30 リクスバンク(スウェーデン中銀)、金利発表および金融政策報告発表 
17:00 ユーロ圏4月製造業PMI・速報値  
17:00 ユーロ圏4月サービス業PMI・速報値 
17:00 ユーロ圏4月総合PMI・速報値  
17:30 イングランド銀行MPC議事録
18:00 ユーロ圏2月製造業受注 
18:30 南ア3月消費者物価指数
21:00 ノルゲバンク(ノルウェー中銀)、政策金利発表  
20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比)
21:30 加2月小売売上高  
21:30 加2月小売売上高(除自動車)  
23:30 米週間原油在庫(前週比)  


本日発表があった経済指標では、米MBA住宅ローン申請指数(前週比)が-14.2%と大きく減少しました。

これは、借入金利が急上昇したために借入を手控えた向きが強いようです。

また、ユーロ圏の経済指標は比較的堅調な数値を示しましたが、要人発言でユーロ高牽制や、為替相場の過剰反応が示唆されて、特にユーロが下落しています。

このあとのFXですが、米ドルやクロス円がジリジリと堅調に推移しそうな感があります。

もしかすると、そろそろユーロの大幅下落が始まるかもしれませんので、ユーロホルダーの方は特に注意が必要かもしれません。

ただ、米ドルや他のクロス円もサブプライムの余波に押しつぶされる可能性もありますので、十分に注意して取引していただければと思います。

当面は買いは豪ドルが中心かもしれません。

それでは本日はこの辺で、GOOD NIGHT!

テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

ぞうの貯金箱

ぞうの貯金箱ぼくも青色もってますー。 FX投資がんばってくださいね。 勝手にリンクを貼らせて頂きましたが、よければ相互リンクお願いいたします。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEO対策:FX SEO対策:外国為替証拠金取引 SEO対策:情報 SEO対策:投資
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。