スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX 米経済の破綻

FX 米経済の破綻

みなさんご無沙汰しています。

しばらく記載をお休みしている間にも、為替相場も株も下落基調が強く、米経済および世界経済の悪化が深刻になっています。

中でも本日発表になった米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)では、深刻な経営難に陥っている米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)の取締役会が経営破綻の可能性について協議したと報じました。

GMが同紙に寄せた声明を引用して伝えました。

しかし、取締役会はこの破綻の選択肢を「資金繰り問題に対処する実行可能な解決策」とは判断しなかったようです。

ワゴナー会長兼最高経営責任者(CEO)は今週開かれた議会公聴会で、現実問題として経営破綻の選択肢はないと思うと主張しています。

その公聴会では、議員から破産申請をした方がよいのではとの厳しい意見がかなり出ていました。

米オバマ大統領は、自動車業界への支援を優先する意向を示唆していますが、こちらも条件付きです。

その支援法案の採決も来月12月に持ち越されるようです。

果たして、支援に動くのかどうか。

ただし、GMなどのビッグ3を救済しないと、現在雇用されている人はもちろん、その下請け会社など多くの人員が職を失い失業率が急増する事になり経済悪化に歯車をかける事にもなりかねません。

そのあたりをどう検討するかが焦点になるものと思います。

今後のFXおよび株にも影響しかねない法案になりますので結果を待ちたいと思います。

さて、FXは現在、米経済の失速を受け円高に徐々に進んでいます。

大きく下げて、少し上昇の繰り返しとなっています。

株価も同様の動きをしています。

株式市場では、現在海外の売りを日本中で買い支えているというような状況です。

海外のファンド等が換金売りをし、日本の個人や日本国内の公的機関などの運用などが買い支えているというような感じのようです。

海外の資金と国内の資金、どちらが資金量が多いか一目瞭然です。

現在は、ファンド等の換金売りの材料にうまく使われていますが、その内資金量が減り更なる下落を向かえ日本株は更なる大きな下げを迎える可能性があると思っています。

ある噂では、日本株は4000円台、米株は4000ドルになると・・・。

まあ、それは大げさかもしれませんが、私も5000台になってもおかしくない状況だと思っています。

買うならそれからでも良いかなと。

日本株下落と同様にFXも円高が進み、もしかすると80円、70円を割るという最悪の事態に陥る可能性まで否定できません。

そこが本当の意味での大底かもしれません。

本当になるかどうか分かりませんが、ファンドや投資のプロ達は個人投資家が考えている数値を大幅に上回る所まで上昇又は下落させて一般人を市場から無くし、自分達で値を作って自分達で買い上げてチャートを作ります。

ですので、まだまだ今回の安値は終わってないと思います。

もし本当にそうなった場合には今、頑張って購入している勇気ある個人投資家が生き残る道は今、購入したのであればあと2・3年は持続するというような気持ちでいるしかないと思います。

FXも同様に米ドル円・クロス円をロングしている方は、完全にストップにかからない位置で保有するしか生き残る道はありません。

レバレッジにして現在の数値で2倍程度が限界でしょうか。

それ以上の高レバレッジで取引してロングしている方は非常に危険なポジション数になっていると思いますので注意が必要でしょう。

まあこれは、一個人のしかも素人見解ですので、全然あてにはなりませんが。

私は超ロングをしようとは思いませんが、そうしようと思ったら、本当の大底まで待ちたいと思います。

それまでは、資金を確保&短期売買を繰り返したいと思います。

それでは、本日はこの辺でGOOD FX!


テーマ : FX - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEO対策:FX SEO対策:外国為替証拠金取引 SEO対策:情報 SEO対策:投資
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。